PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

※「Google Apps Scriptプログラミング [中級編]」に属する記事です。

記事のリスト



※「Google Apps Scriptプログラミング [中級編]」グループ

Google Apps Scriptをより本格的に学びたい!という人に向けた解説です。初心者向けの入門よりやや難易度の高い機能の説明を中心にしています。

※初心者の方は、入門編からどうぞ。

※本連載がKindle本になりました!


1. UrlFetchとXmlデータの利用

外部のサイトやサービスにアクセスし、必要な情報を取得する機能を提供するのが「UrlFetch」オブジェクトです。また取得したXMLデータをパース処理する機能を提供する「Xml」「XmlDocument」「XmlElement」といったオブジェクトも用意されています。これらを使って、外部のサービスと連携するプログラムを作成してみましょう。
2011年 07月 11日

2. Charts Servicesによるデータテーブルとチャートの利用

Charts Servicesは、DataTable(テーブル、)とCharts(チャート)によるデータ処理機能を提供するものです。これらを利用することで、データを簡単にグラフ化し表示することができます。
2011年 09月 26日

3. LanguageAppによる翻訳機能を使おう

Google翻訳の機能を利用するための「LanguageApp」を使えば、簡単に文章を他の言語に翻訳することができます。その基本的な使い方について説明しましょう。
2012年 03月 30日

4. DomainサービスとUserManager

Google Appsのドメインを管理するDomainサービスには、ドメインに登録されている利用者を管理するUserManagerクラスが用意されています。これを利用すれば、Google Appsユーザーをスクリプトから操作できるようになります。
2012年 04月 02日

5. Googleマップを利用する

Google Apps ScriptからGoogleマップの機能を利用するために「Maps Service」というサービスが用意されています。これを利用することで、地図のイメージを生成したり、GEOコーディングやルート検索などの機能を呼び出すことができるのです。
2012年 05月 13日

6. BigQuery APIの利用

Google Apps Scriptでは、Googleが提供する「BigQuery API」を利用することができます。これを利用することで、数十億件を超えるような多量のデータ解析も、Google Apps Scriptで可能になります。その基本的な使い方をここで説明しましょう。
2012年 06月 07日

7. Prediction APIによる予測機能を利用する

Google Apps Scriptでは、「データの予測」ができること、知っていました? Prediction APIを利用すれば、Googleの機械学習アルゴリズムを使い、新たなデータがどういうものかを予測することができます。サンプルの言語予測データを使って、Predictionの使い方を覚えましょう!
2012年 06月 16日

8. ScriptDbによるオブジェクトデータベース

Google Apps Scriptでデータベースを扱う場合、スプレッドシートやCloud SQLなどを持ちださなくとも、もっと小回りの聞く便利なデータベースが用意されています。「ScriptDb」は、JavaScriptオブジェクトを保存し検索できる、本格的なオブジェクト・データベースなのです。
2012年 07月 01日

9. Webアプリケーション開発とHtml Service

Google Apps Scriptでは、本格的なWebアプリケーション開発を行えるよう大規模な機能拡張がされました。新たに用意された「Html Service」というオブジェクトを使い、GASでHTMLを使ったWebアプリケーション開発を行いましょう。
2012年 07月 04日

10. Script Serviceによるスクリプトの自動制御

Google Apps Scriptでは、「スクリプト」そのものもスクリプトで操作することができます。「Script Service」を利用して、トリガーやサービスなどをスクリプトで制御してみましょう。
2012年 07月 12日

11. SOAP/WSDLによるWebサービスを利用する

SOAPは、プログラム間でオブジェクトをやり取りするためのプロトコルです。これを利用するものとして、XMLベースで情報をやり取りする「WSDL」という技術が広く用いられています。Google Apps Scriptから、これを使えば、外部のWebサービスを自由に利用できるようになるのです。
2012年 07月 17日

12. Cache Serviceによるキャッシュ機能の利用

Webアプリケーションとして公開するようになると、アクセスの度にあちこちにアクセスするのでは速度もAPIの利用も無駄に増えてしまいます。キャッシュ機能を使って、スピーディに、かつAPIアクセスを節約したページ表示を行いましょう。
2012年 08月 26日

13. JdbcサービスによるGoogle Cloud SQLの利用

Google Apps Scripでは、「Jdbc」サービスを利用してSQLサーバーにアクセスが可能になっています。このJdbcサービスは、Google Cloud SQLにも対応しているのです。Google Apps ScriptからCloud SQLにアクセスする方法をマスターしましょう!
2013年 01月 26日

14. FormAppによるフォームの集計と作成

Googleドライブを使うと、アンケート等のフォームを簡単に作ることができます。このフォームを扱うために用意されているのが「FormApp」というオブジェクトです。その使い方を覚え、アンケートの自動集計やアンケートそのものの自動生成などを行ってみましょう。
2013年 06月 23日

15. Uiによる簡易インターフェイスの作成

Googleドキュメント以外では、Browserによるメッセージボックスは使えません。「Ui」オブジェクトを利用すればドキュメントなどでも簡単なアラートを表示することができます。更にはUiInstanceやHtmlServiceと組み合わせることで、本格的なGUIを構築することも可能なのです。
2013年 06月 30日

16. アドオン・プログラムを作ろう!

Google Appsのスプレッドシートやドキュメントで、オリジナルのアドオンを作成し組み込めるようになりました。早速、自分だけのアドオン・プログラムを作ってみましょう!
2014年 03月 24日

17. Google+にアクセスする

Google Apps Scriptでは、「Google+ Domains API」を利用することでGoogle+のプロフィールや投稿の内容を取得したり、新たに投稿したりすることができます。その基本的な使い方について説明しましょう。
2014年 04月 26日

18. Google+にアクセスする (2)

Google+の一般ユーザーに関する情報を扱うには「Google+ API」というAPIを利用します。その基本的な使い方について説明しましょう。
2016年 05月 08日

(by. 掌田津耶乃.)

※関連コンテンツ