PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

※「ビギナーのためのUnreal Engine ブループリント入門」に属する記事です。

記事のリスト



※「ビギナーのためのUnreal Engine ブループリント入門」グループ

超本格的な3Dゲームを開発するゲームエンジン、それが「Unreal Engine」です。このUnreal Engineでは、「ブループリント(Blueprint)」と呼ばれるビジュアルなプログラミング言語が搭載されており、マウスで部品をつなぐだけでプログラミングができます。このブループリントの使い方をここでマスターしましょう。(無料配布版ver. 4.7対応済!

1. 基本は「Begin Play」イベントから!

ブループリントは、「イベント」のノードを配置することから始まります。まずはブループリントのプログラミングがどういうものかを理解し、簡単な「Begin Play」イベントから使ってみましょう。
2015年 01月 31日

2. 計算の基本を覚えよう

プログラミングの基本は「計算」。ブループリントのようなビジュアル言語では、普通の計算が意外に面倒くさいものです。そのやり方をよく頭にいれておきましょう。
2015年 02月 07日

3. フロー制御を理解しよう

処理の流れを制御するために用意されているのが「フロー制御」と呼ばれるノード群です。より複雑なプログラムを作成するために必須のフロー制御ノードについて理解しましょう。
2015年 02月 14日

4. 変数・配列を使おう

値を保管しておくのに使われる「変数」。多数の値を保管する「配列」。これらは本格的プログラミングに必須の機能です。ブループリントにおける変数・配列の使い方をマスターしましょう。
2015年 02月 21日

5. アクタを動かそう!

Unreal Engineでは、「アクタ」と呼ばれる3Dモデル部品を動かしてゲームを作ります。アクタの操作は、ゲームの基本といっていいでしょう。ブループリントを使いアクタを動かす方法について、ここでマスターしましょう。
2015年 02月 28日

6. マテリアルを作ろう

ブループリントは、ゲームのオブジェクトを操作すること以外にも用いられます。その代表的なものが「マテリアル」でしょう。マテリアル作成の基本について説明しましょう。
2015年 03月 07日

7. 物理エンジンと衝突処理

物理エンジンを使っている場合、アクタの移動は「押して」行います。また「物」として扱うようになると、アクタどうしの「衝突」についても考える必要が出てくるでしょう。そうした「物としてのアクタの扱い」について考えましょう。
2015年 03月 14日

8. HUDをプログラミングしよう!

HUD(Head Up Display)は、画面にGUIを表示し操作するための機能です。このHUDの表示を使いこなすためのブループリントをマスターしましょう。
2015年 03月 21日

9. マウスとキーの入力

ゲームの操作は、マウスやキーなどの入力を利用するのが一般的です。これらの入力の処理についてまとめて説明しましょう。
2015年 03月 28日

(by. 掌田津耶乃.)

※関連コンテンツ