PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

※「初心者のためのCocos2d-xゲームプログラミング入門」に属する記事です。

記事のリスト



※「初心者のためのCocos2d-xゲームプログラミング入門」グループ

Cocos2d-xは、Mac、Windows、iOS、Androidといったさまざまなプラットフォームのゲームをたった1つのプロジェクトで開発できる、マルチプラットフォームなフレームワークです。これを使って、ゲームアプリ開発に挑戦してみましょう!

1. Cocos2d-xを準備しよう

まずはCocos2d-xを使うために必要なものを準備しましょう。そして実際にどうやってプロジェクトを作成し動かすのか、その基本的な手順を覚えましょう。
2015年 05月 16日

2. ソースコードの基本を理解しよう

プロジェクトには2つのC++クラスが作成されています。まずは、この2つのソースコードがどうなっているのか調べてみましょう。これがCocos2d-xのプログラムの基本となるのですから。
2015年 05月 23日

3. ラベルでテキストを表示しよう

「ラベル」は、テキスト表示の基本となるものです。このラベルを使って、画面にウィジェットを表示するための基本を覚えましょう。
2015年 05月 30日

4. スプライトを使おう

スプライトは、キャラクタなどをシーンに表示する際の基本となるウィジェットです。これはcocos2d::Spriteというクラスとして用意されています。このクラスの基本的な使い方をここで覚えましょう。
2015年 06月 06日

5. タッチイベントを利用しよう!

スマホなどのゲーム操作の基本は、「タッチ」です。画面をタッチして操作するのに必要な「イベント処理」の基本について説明しましょう。
2015年 06月 13日

6. 物理エンジンを使おう

スプライトを「モノ」として扱えるようにするのが物理エンジンという機能です。Cocos2d-xで、物理特性のある世界を作ってみましょう。
2015年 06月 20日

(by. 掌田津耶乃.)

※関連コンテンツ