libro
初心者のためのAngular2入門

Angularをセットアップする (1/4)

作成:2016-08-06 09:11
更新:2016-08-06 09:11

■AngularJSからAngular2へ

Angularは、Googleが中心となって開発するJavaScriptフレームワークです。これは当初、「AngularJS」という名前で開発されていました。が、その後、内容を大幅に変更し、全く新しい「Angular2」として再登場することとなったのです。このとき、名前から2が取れて「Angular」と変わりました。

この新しいAngularはどのようなフレームワークなのか。その特徴を一言で表すなら「コンポーネント指向」となるでしょう。

旧AngularJSは、いわゆる「MVCアーキテクチャー」を念頭に設計されていました。コントローラーに処理を用意し、ビューで表示を用意する、というスタイルですね。

が、このやり方は、どうもフロントエンドの表示を作成することが中心となるJavaScriptでは最適なものとはいえないでしょう。もっとJavaScriptにあったアーキテクチャーがあるはずだ。そこでAngularチームがたどり着いたのが「コンポーネント」でした。

Webを構成する要素を1つ1つの独立したコンポーネントとして整理し再構築する。ビューとコントローラーを分けるより、「コンポーネントの中に表示から処理まですべて揃っていて、コンポーネントを配置すればそれでおしまい」というスタイルのほうがWebの作成にははるかに合っています。そこでAngularは、内容を完全に刷新し、全く新しいフレームワークとして生まれ変わることになったのです。

このAngularは、現在、以下のアドレスで公開されています。
https://angular.io/

ちなみに、これまでのAngularJSも、まだまだ現役です。こちらは、以下のアドレスになります。
https://angularjs.org/


※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。


※関連コンテンツ

 

「初心者のためのAngular2入門」に戻る