PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

Spring BootではじめるSpring MVCアプリケーション高速開発入門:

Spring Tool Suiteによる開発 (1/4)

作成:2015-06-27 10:04
更新:2015-06-27 10:04
■Spring Tool Suiteを用意しよう
Spring Bootアプリケーションは、Mavenコマンドを使って簡単にプロジェクト作成ができました。が、「コマンドで作って、ソース・コードはエディタで編集」というのはちょっとなぁ……と思っている人も多いことでしょう。

今や、効率的な開発を行うには、編集支援機能が豊富に用意された専用の開発ツールを使うのが一般的です。Spring Bootアプリケーションの開発は、Spring Frameworkの開発元が提供する「Spring Tool Suite(以下、STSと略)」という専用開発環境を利用するのがベストです。

これは、Java開発環境のデファクトスタンダードであるEclipseをベースに、Spirng Framework利用のための各種プラグインを追加して作られたSpringオリジナルな開発ツールで、以下のアドレスからダウンロードできます。
http://spring.io/tools/sts

STSは、Eclipseをベースにしているだけあって、基本的な使い方はEclipseそのままです。Javaプログラマであれば、Eclipseを触ったことぐらいはあるでしょうから、基本的な使い方の説明は不要でしょう。

まずは、ここからダウンロードし、STSをインストールして下さい。STS自体はEclipseベースですが、ダウンロードされるのは専用のインストーラですので、それを起動して簡単にインストールできます。



 

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。



 


「Spring BootではじめるSpring MVCアプリケーション高速開発入門」に戻る



※その他のコンテンツ