PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

初心者のためのiphone/ipadプログラミング入門:

Core Graphicsを更に使いこなそう! (1/6)

作成:2011-04-18 07:48
更新:2011-04-23 22:20
■テキストの描画は?
図形の描画はなんとなく分かってきましたが、こうした描画は図形だけでなく、テキストをグラフィックとして描くこともあるでしょう。グラフィックとしてテキストを描く機能はないのでしょうか。

もちろん、あります。ただし、これはちょっとばかり利用がややこしいのです。とりあえず、下に簡単なサンプルコードを掲載しておきましょう。これは、画面に「iPhone」というテキストを表示するサンプルです。が、テキストを描画するには、その前にいろいろと設定しておくべき事柄があります。順に説明していきましょう。――ここでは、前回作成したMySampleAppプロジェクトをそのまま利用します。MySampleViewというUIView継承クラスを画面に配置し、このクラスで描画の処理を行うようになっていましたね(詳しくは前回の記事を参照のこと)。

1. 基本的な準備をする
まずは、CGContextRefを取得し、塗りつぶしと線分の色を設定します。テキストの場合、この両方の色が用いられます。また輪郭線の太さは、図形と同様にCGContextSetLineWidth:で設定されます。

2. フォントを指定する
テキストを描くには、使用するフォントを指定しないといけません。これは「CGContextSelectFont」という関数で行います。引数にはCGContextRefの他、フォント名、フォントサイズ、エンコーディングを示す値を指定します。エンコーディングは、通常のRomanテキストの描画であれば、kCGEncodingMacRomanを指定しておきます。
CGContextSelectFont(context, "Arial Bold", 48, kCGEncodingMacRoman);

3. 描画モードの設定
続いて、描画モードを指定します。これは、CGContextRefと、描画モードを示す定数を引数に渡します。定数は色々用意されていますが、基本はkCGTextFillkCGTextStrokekCGTextFillStrokeのいずれかと考えていいでしょう。これで塗りつぶして描画するか、輪郭線を描くか、両方描くかを指定するものです。
CGContextSetTextDrawingMode(context, kCGTextFillStroke);

4. ちゃんと表示するためのおまじない
これで、描画の準備は整いました。もうテキストを描くことができます。が、その前に、以下の文を必ず実行しておきましょう。これは、「おまじない」です。(後で説明します)
CGAffineTransform affine = CGAffineTransformMake(1.0, 0.0, 0.0, 
        -1.0, 0.0, 0.0);
CGContextSetTextMatrix(context, affine);

5. テキストを描く
えテキストの描画は2種類の関数がありますが、とりあえず「位置を指定して描く」というやり方を覚えておけばよいでしょう。これは引数にCGContextRef、横位置、縦位置、描くテキスト、文字数をそれぞれ渡します。テキストは、NSStringではなく、CStringの値(char配列やcharポインタなど)を指定してください。
CGContextShowTextAtPoint(context, 50.0, 50.0, "iPhone", 6);

――さて、ここで説明した文の中で、実は「テキストの描画とは何の関係もない文」が1つ混じっています。それは、CGAffineTransformMake関数とCGContextSetTextMatrix関数です。これ、なくてもテキストの描画そのものには影響しないのです。

では、実際にこの2文を削除してどうなるか試してみましょう。テキストが、上下さかさまになって描画されたはずです。なんだってこんなことになるのか?というと……話せば長くなるのですが……。要するに、iOSの中では、座標軸の異なる座標系が混在しているのだ、と考えてください。


 

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。

※MySampleView.mのメソッド

- (void)drawRect:(CGRect)rect
{
	CGContextRef context = UIGraphicsGetCurrentContext();
	CGContextSetRGBFillColor(context, 
			1.0, 0.0, 0.0, 1.0);
	CGContextSetRGBStrokeColor(context, 
			0.5, 0.0, 1.0, 1.0);
	CGContextSetLineWidth(context, 2.0);
	
	CGContextSelectFont(context, "Arial Bold", 
			48, kCGEncodingMacRoman);
	CGContextSetTextDrawingMode(context, 
			kCGTextFillStroke);
	
	CGAffineTransform affine = CGAffineTransformMake
			(1.0, 0.0, 0.0, -1.0, 0.0, 0.0); 
	CGContextSetTextMatrix(context, affine); 
	
	CGContextShowTextAtPoint(context, 
			50.0, 50.0, "iPhone", 6);
}



 


「初心者のためのiphone/ipadプログラミング入門」に戻る



※その他のコンテンツ