PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

初心者のためのJava SEプログラミング入門:

AWTでウィンドウを作る! (1/6)

作成:2010-01-14 11:18
更新:2010-01-14 13:14
■ウィンドウを表示させてみる
さて、Javaの基礎がわかったところで、いきなり「ウィンドウを作る」というところまでジャンプしてしまいましょう。Javaでは、ちゃんとウィンドウやボタンなどを使ったGUI(Graphical User Interfaceね)を作れるんですよ。ただし、それを覚えるにはちょっとホネが折れます。覚悟してくださいね。

 まず、何はともあれ下に上げたリストを見てください。これが、画面にウィンドウを表示する「Test4」クラスのプログラムリストです。「Test4.java」という名前で保存してコンパイルしてください。起動すると、画面の左上にちっちゃなウィンドウが現われるはずです。環境によっては、タイトルバーだけしか現れない場合もあります。が、マウスで隅っこをドラッグすれば大きくなるはずです。

このウィンドウ、クローズボックスをクリックしても閉じないし、右下のサイズボックスをドラッグすると大きさは変わるけれど、どうも中途半端でいけません。けれど、一応ウィンドウはウィンドウです。ちゃんと表示できるだけでも大きな前進ですよ。

では、実行を確かめたら、コマンドプロンプト/ターミナルでコントロールキー+Cを実行して中断しましょう。


 

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。

import java.awt.*;

public class Test4 extends Frame {

	public Test4() {
		super();
	}

	 public static void main (String args []) {
		Test4 myWindow;
		myWindow = new Test4();
		myWindow.setVisible(true);
	}
	
}



 


「初心者のためのJava SEプログラミング入門」に戻る



※その他のコンテンツ