libro
初心者のためのJava SEプログラミング入門

初めてのプログラム (1/7)

作成:2010-01-14 10:33
更新:2011-10-11 12:16

■プログラムの基本形を理解する

では、とにかく実際にプログラムを作ってみましょう。ワープロやテキストエディタを起動し、以下のリストに掲載するソースコードを書いてください(あ、コピー&ペーストすればいいのか)。

記述したら、「Test.java」という名前のテキストファイルで保存します。Windowsユーザーの方は、「Test.java.txt」とならないように注意して下さい。「java」が拡張子です。

では、できあがったテキストをコンパイルしてJavaのプログラムにしてみましょう。方法は次のようになります。

1.WindowsならMS-DOSプロンプトまたはコマンドプロンプト、MacOSならターミナル(Terminal)を起動します。

2.cdコマンドで、作成したテキストファイルがある場所に移動してください。例えば、WindowsでC:ディスクのルート上に「java」フォルダがあり、その中に「mydata」というフォルダを作ってそこにファイルを保存したとすると、「cd \java\mydata」となります。 Mac OS Xならホームディレクトリ内に「mydata」を作り、その中にあるとすると、「cd mydata」で移動できます。

3.移動したら、「javac Test.java」を実行します。問題がなければプログラムがコンパイルされます。

 もし、javacコマンドを実行してエラーメッセージが出たら、ソースコードをよく見直してください。エラーの9割は、書き間違いです。

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。

*program list*

public class Test {

	 public static void main (String args []) {
	 	System.out.println ("Hello.");
	}
	
}

※関連コンテンツ

「初心者のためのJava SEプログラミング入門」に戻る