libro
初心者のためのLaravel入門

Requestクラスの基本 (1/5)

作成:2016-01-31 11:31
更新:2016-01-31 11:31

■フォームの送信

簡単なテンプレートの表示が行えるようになったら、次に覚えるべきは「ユーザーからの入力」でしょう。

ユーザーから何らかの入力をしてもらうとき、もっとも一般的に用いられるのは「フォーム」です。まずは、フォームの送信についてやってみましょう。前回作成したサンプルプロジェクトのHeloControllerを利用してサンプルを作ってみます。

最初に、テンプレートを用意しましょう。下のリスト欄に簡単なコードを掲載しておきました。前回作ったhelo.phpを開き、以下のように書き換えておきましょう。

ここでは、action="/helo"に当てたPOST送信を行うフォームを用意してあります。フォームにあるのは、name="str"と指定された<input type="text">タグのみです。これを送信した処理をコントローラー側に用意しましょう。

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。

*program list*

<!doctype html>
<html>
<head>
    <title>Sample</title>
    <style>
    body { color:gray; }
    h1 { font-size:18pt; font-weight:bold; }
    </style>
</head>
<body>
    <h1>Sample</h1>
    <p><?php echo $message; ?></p>
    <form method="post" action="/helo">
        <input type="text" name="str">
        <input type="submit">
    </form>
</body>

※関連コンテンツ

 

「初心者のためのLaravel入門」に戻る