PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

C#ではじめるWindows 8アプリ開発入門:

設定情報とデータの保存 (1/5)

作成:2014-03-01 10:47
更新:2014-03-01 10:47
■ApplicationDataContainerの利用
アプリケーションで使用する各種の設定を保管するには、いくつかのやり方が考えられます。

テキストファイルなどに保存しておくというやり方もありますが、Windows 8アプリでは、あらかじめ用意されている設定保存用のクラスを利用して保存するのが一般的です。

設定の保存に関するクラスは、Windows.Storageパッケージの「ApplicationDataContainer」クラスとして用意されています。これは以下のようにしてインスタンスを取得します。
ApplicationDataContainer 変数 = ApplicationData.Current.LocalSettings;

利用の際には、using Windows.Storage;を用意しておくのを忘れないで下さい。

ApplicationDataクラスは、これもWindows.Storageパッケージにあるもので、文字通りアプリケーションのデータを管理するためのものです。このクラスのCurrentプロパティに、現在のアプリケーションに関するApplicationDataインスタンスが保管されています。

このApplicationDataインスタンスの「LocalSettings」プロパティに、ApplicationDataContainerが用意されています。このインスタンスにあるメソッドを利用することで、現在のアプリケーション用の設定情報を読み書きすることができます。

では、設定情報の読み書きは? これは実は非常に簡単です。ApplicationDataContainerは、Valuesというプロパティにコレクションが用意されており、そこに配列のような感覚で値を読み書きできます。

●値の保管
《ApplicationDataContainer》.Values[ キー ] = 値;

●値の取得
変数 = 《ApplicationDataContainer》.Values[ キー ];

このValuesにはどのような値も保管することができますが、取り出す際に正しくキャストして利用するようにするのを忘れないようにしましょう。



 

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。


 


「C#ではじめるWindows 8アプリ開発入門」に戻る



※その他のコンテンツ