PC | mobile ver.20170108.

 libro ~入門ドキュメント・サイト~

Google androidプログラミング入門:

GUI、再び! (1/7)

作成:2010-06-17 10:31
更新:2010-06-17 10:31
■トーストでメッセージを表示する
AndroidのGUIは、一般のパソコンのアプリなどとはちょっと違っています。例えば、ごく単純な「メッセージを表示する」という場合を考えてみましょう。普通、パソコンのアプリではアラートというウインドウを呼び出しますが、Androidでは、ちょっとしたメッセージの表示は「トースト」というものを使うのが一般的です。

トーストというのは、画面にぼわ~っと現れ、しばらくするとぼわ~っと消えてしまうメッセージです。何か中すべきことがあると、テキストだけがぼわ~っと現れることがあるでしょう? あれです。

トーストは、「Toast」というクラスとして用意されています。これは以下のようにしてインスタンスを作成します。
Toast 変数= Toast.makeText( [Context], テキスト, int値 );
第1引数は表示するContextを指定するもので、これは普通「this」を指定すると考えていいでしょう。第2引数には、表示するメッセージのテキストを指定します。

第3引数のint値は、メッセージを表示する長さです。これは、Toastクラスの「LENGTH_SHORT」「LENGTH_LONG」のいずれかを指定します。これで「短い」「長い」のいずれかが指定できます。

作成したToastは、そのままではまだ表示されません。「show」メソッドを呼び出すことで画面に表示されます。後は、放っておいても勝手に消えてくれます。

では、以下に簡単な利用例をあげておきましょう。アプリが起動すると、画面下部にトーストによるメッセージが表示されます。Toast.makeTextの部分をいろいろと書き換えて、動作を確認してみましょう。


 

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。

package jp.tuyano;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.*;

public class SampleApp extends Activity {
	
	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.main);
		
		Toast toast = Toast.makeText(this, "これがトースト!", Toast.LENGTH_LONG);
		toast.show();
	}

}



 


「Google androidプログラミング入門」に戻る



※その他のコンテンツ